肌荒れとにきびの関係

肌荒れが起きている時は、にきびもできやすい状態にあると言うことができそうです。

肌荒れは、肌のバリア機能が低下しているために起きると考えられていますが、肌のバリア機能が低下して、抵抗力が弱い状態にあるということは、にきび菌も繁殖しやすい状態にあると言うことができるからです。
また、敏感肌質の人ほど、肌荒れが起きやすく、また、にきびもできやすいようです。

敏感肌の人ににきびができると、炎症になりやすく、にきび跡もできやすいので、敏感肌の人は、特に注意する必要があります。

肌荒れやにきびができやすい状態になったり、できやすい肌質である人は、お肌のケアをしっかりとして、睡眠をたっぷりとり、ストレスを溜めないようにするなど、肌荒れやにきびを予防するように心がけましょう。

【用語説明:にきび】
ニキビ(にきび(面皰)英語:acne)とは皮膚の炎症性疾患でアクネ、ざ瘡(ざそう)とも言う。
ニキビという語は一般的に青年のものに限って使われ、成人のニキビは吹き出物とされる。ニキビの語源は諸説ある。

顔・胸・背に見られるものは、医学的に「尋常性ざ瘡」として知られていて、そのうち顔面に発生するものを世間でニキビとよぶ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

♪♪♪

とにかく肌荒れがひどくて、いつも隠すのに必死でした。

でも今は、こちらのコスメのお陰で悩んでいた肌トラブルもなくなって、毎日がとっても楽しいです。

気のせいかもしれないけど、性格まで明るくなったような気がします♪

肌トラブルから解放されて、私がもう手放せないコスメは、コチラです。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ